DM交換をしているだけなのですが、ものすごい期待感が心の底から湧き上がってくるような感じでした。
このドキドキ感は久しぶりのものです。
直ぐそこに、別の異性の肉体がある。
その肉体を御馳走になれる。
頭の中は、多少の混乱をみせていました。
援交募集をするのにTwitterの選択は決して間違ってはいなかったと思いました。
裏垢女子だからこそ気楽にセックス出来るものであると思えてしかたが無くなっていきました。

 

 気軽なセックスを目の前にして、アドレナリンが半端じゃなく体中を駆け巡っている状態になっていました。
援交募集をしているTwitterの裏垢女子のメッセージを読んでいくと、さらに強烈にアドレナリンが分泌されていく感覚を覚えたのです。
援交の条件は、支払いが1回のみ。
裏垢女子の条件を確認すると、最初だけ2万円を出すことで、2回目からは無料の肉体関係を継続したいと言うものでした。
「ドタキャンされることが多くて困っているんです。保証のため先払いで支払いをしていただけたら、直ぐ待ち合わせしたいと思います」
先払い支払いをすることにより、タダマン関係まで作れてしまうのです。
懐にも優しい、魅力的な女子だと感じてしまいました。
「どうやって支払いをすればいいの?」
聞いてみたのですが、次の通りでした。
「アマゾンギフト券を購入してください。そこに書かれているギフト券番号を写メに撮影して欲しいんです」
その写メを相手に送ることで、確認が取れたら直ぐ待ち合わせの約束と言われました。
強烈な衝撃を感じ、直ぐにギフト券を購入しに出かけて行きました。
急いで写メに撮影していきます。
そして、相手に写メ送信していきました。
このまま待ち合わせを決め、しっぽりと大人の関係を作れると信じました。
期待感は溢れ出ていました。
股間も刺激され硬直を始めてしまっていました。
写メを確認した相手から、待ち合わせの連絡がやって来るはずなのですから。
妻以外の異性との激しい割り切り肉欲関係、それが直ぐそこまで迫ってきている感覚に震えてしまっていました。

定番サイト登録は無料

安全に援交女子を探すなら迷わずにココ!

ページの先頭へ戻る